津軽なべ焼きうどんは冬の常備食

スポンサーリンク

青森で一番売れている津軽なべ焼うどんを食べました。



寒くなると食べたくなるのが『なべ焼うどん』。
『津軽なべ焼きうどん』は、簡単に美味しいなべ焼きうどんを作ることができます。

なべ焼きうどん 


一袋が一食分。

なべ焼きうどん

麺と、二種類の麺つゆ・天ぷら・七味が入っています。

作り方は簡単で、

なべ焼きうどん  なべ焼きうどん

鍋に300ccの水を入れ、沸騰したら麺を入れてほぐします。
液体のつゆと、粉末のつゆを入れ、具をのせて煮込みます。

ハイッ! もう出来上がりですよーーー♪

なべ焼きうどん

なべ焼きうどん

今回、私が入れたのは・・・

 ・スーパーで買ってきたえび天
 ・長ねぎ
 ・たまご
 ・ピカチューのかまぼこ

卵は、うどんの上に直接割って入れ、
えび天も、衣を柔らかくするために一緒に煮込みました。

火にかけてから、ほんの五分で出来上がり♪

なべ焼きうどん

小鉢にとり、いただきました。

なべ焼きうどん

煮込んだにもかかわらず、麺はシコシコで腰があります。
これは、電子チャージした『電子麺』だからだそうです。

なべ焼きうどん  なべ焼きうどん

電子チャージすると・・・

 ・水は湧き水のようにまろやかになります。
 ・小麦粉は酸化しにくくなり日持ちが良くなり、麺のコシが強くなります。
 ・油は油臭くなりません。

『津軽なべ焼きうどん』を食べてみて、『電子チャージ』の良さを確認しました♪

とっても簡単に作った、(手抜き料理) だったんですが、一緒に食べた子供は喜んで食べてくれました。
ありがたいですね!
簡単な上に、家族に喜ばれる食品は!!!

今は寒くなり、買い物に行くのにも腰が重いのですが、
『津軽なべ焼きうどん』は、麺を高温殺菌しているので常温で100日間保存できるので、
買い置きして置いておくのにピッタリです。

『津軽なべ焼きうどん』は、地元青森県では知らない人がいない、知る人ぞ知る青森大人気のなべ焼うどんということですが、食べてみて納得しました!








おとりよせ1
津軽なべ焼きうどん

高砂食品関連エントリー】
大和しじみを使った“みちのくしじみラーメン”を食べました♪
津軽なべ焼きうどんは冬の常備食
青森味噌カレーラーメンの〆はご飯を入れて楽しむ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました